*

老色鬼という中国語

公開日: : 中国のはなし, 中国語

つい先日、職場の若い中国人女性が「老色鬼」という言葉を使っていました。
社内では知らない中国語が飛び交うので、そのたびにネットで検索するのですが、
字の個性からあまりいい意味ではないであろうなと予想していました。

それぞれの文字を分解して考えみると、
「老」・・・老いている、いつもの
「色」・・・色彩、色欲
「鬼」・・・悪口によく使われる
という構成です。日本のことを「小日本鬼」などと蔑称する言葉もあるくらいなので、鬼は相当やばい感じです。

調べてみたのですが、検索結果は
「筵破り(むしろやぶり)」でした。
むしろ破りの意味は

60歳を過ぎた人が女狂いをすること

 

とんでもない言葉です。想像するだけで気色が悪いです。
それにそもそも「筵破り」なんて聞いたことがありません。
筵(むしろ)とはわらなどで編んだ敷物のことのようです。
その筵を破るということはどうやらとんでもない色狂いのようです。
ここの解釈をどなたか教えていただきたいです。

ちなみに今回「老色鬼」と呼ばれた男性社員はまだ20代でした。
その発言をした女性社員は「同じ年だから言えることだよ!」とフォローしていましたが、
明らかに悪口だと思いました。
確かにその日本人社員は女の子とよく遊びに行ったり、合コンに行ったりするのですが、
そこまで言われるほどでもないという感じです。

中国人女性は男性にもある程度の純粋さを求める傾向にあります。
その女性社員も女の子と遊びに行くのであれば、ある程度覚悟を持っていくべきという考え方を持っています。

ふとした会社での日常でしたが、日本と中国の男性に対する考え方の違いも垣間見えた瞬間でした。

以上落ちもなくすんません。

google広告

関連記事

中国におけるサッカー、ドイツ代表の人気の謎~その2

にて中国においてなぜサッカードイツ代表の人気が高いのかを紹介しましたが、それにドイツ好き証拠のひとつ

記事を読む

中国一人っ子時代の終焉、ふたりっ子政策の勃興

タイムリーな話題というわけではないのですが、ずっと気になっていたことを書きます。 「一人っ子政策」

記事を読む

新HKS5級対策

留学してちょうど半年目となる9月にHSK5級を受験しました。 結果は、300点中264点でした。新

記事を読む

中国・上海でポケモンGOをやってみた

私は世界のポケモンGOブームを尻目に中国にいます。 日本でも7月22日に正式リリースされたポケモン

記事を読む

火鍋の恐ろしさ

中国の西安はすでに冬の様相を見せています。 朝は薄くではありますが霜が降りていますし、私は既にヒー

記事を読む

中国のワールドカップ

盛り上がってまいりました、ワールドカップ! 現時点で日本は苦戦を強いられていますが、ここ中国ではそ

記事を読む

シルクロードの世界遺産登録

少し前のニュースになりますが、意外と知られていないのでこちらでもお伝えしておきます。 6月22

記事を読む

中国人のオムツ買占めの実態について

ここ数年日本のドラッグストアにおいてオムツが中国人に買い占められています。 特に花王のメリーズ

記事を読む

新HSK6級傾向と対策【ライティング編】

ようやくライティング編です。 HSK6級のライティングは結構めんどくさいです。頑張らないといけませ

記事を読む

溜まった角(毛)の処理方法

どうも、久しぶりの日本の生活ですが、西安より関西のほうが寒いですね。 これなんですかね。内陸のほう

記事を読む

google広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

google広告

  • 大学卒業後、就職した会社を2年で退職し、中国ビジネスに転職。会社派遣の語学留学を経、復職。人生にずっと違和感有り。
    詳細プロフィール
外資系企業に勤めることは国益を損なうのか?

転職活動をしています。 候補としては外資系企業(欧米、中国)を視野に

オードリーのオールナイトニッポンの登場人物まとめ

オードリーのオールナイトニッポン(以下ANN)を毎週聞いています。

転職者が新しい職場に馴染む方法

転職してからようやく1年が経ちました。 苦労の連続でしたが、ようやく

高校の日直日誌の思い出

私は中高一貫校の男子校に通っていました。 スポーツ強豪校であったため

HSK6級結果発表(2019年1月13日試験)

先日ブログでもお伝えしましたが、転職後初めてHSK6級を受験いたし

→もっと見る

PAGE TOP ↑