*

中国って実はツンデレじゃないのか?

公開日: : 中国のはなし

久しぶりの更新となってしまいました。

さて、最近良く思うのが中国って実はツンデレじゃないのかってことです。どういうことかというと、「実は日本のことが気になっちゃうんだけど、いろいろ問題あるからプンプンしちゃう」ってことです。この気になっちゃうあたりで気持ちが止まっているところがみそです。日本が好き!なんてことは決して言わないでしょう。せいぜい気になっちゃう程度だと思います。

ご存知のように中国と日本は歴史・領土の問題を抱えています。さまざまなアンケートで日本に対する悪感情を示すデータが出ております。また、毎日のようにテレビでは抗日ドラマが放送され、ドラマの中で志ある農民に日本兵がそれはそれはいいように殺され、人民たちが啓蒙されております。

ただ、それだけではなく各種メディアから中国は日本に強い関心も寄せていることが伺えます。たとえば、先日11月3日にはCCTV総合とCCTV国際という二つの主要な番組で秋田での大雪のニュースがNHKのニュース画面とともに大きく報道されました。そのニュースは香港やロシアのニュースより先でした。(トップかどうかは忘れましたけど)
また、中国のラインといわれているwe chatで毎日必ず配信されるニュースでも愛子様の誕生日を報じ、高倉健さんの訃報もこの配信ではトップの扱いでした。非常に高い関心が伺えます。

では、今中国と仲が良いとされている韓国についてはどうか。韓国のドラマは多く放送されています。これは韓国の強力な韓流押しの影響でしょう。しかし、韓国のニュースは非常に少ないです。

これは日中間の歴史を抜きには語れないのですが、あまりこのブログで難しいことは言いたくありませんが、中国との関係は気っても切れない関係です。古くは卑弥呼が使者を派遣したり、遣隋使、遣唐使、日宋貿易、日明貿易などずっと関係性は続いているんですね。また、中国からも多く留学生が来て活躍した孫文、魯迅など枚挙に暇がありません。
反対に日清戦争、日中戦争、また、秀吉の朝鮮出兵などで武力衝突もありました。

中国は中華思想を持つ国で自分たちが世界の中心と考えています。よって、昔から朝貢などでわざわざ来るものに対してそれは丁寧に応対したようです。その文化が現在の中国人の面倒見の良さに残っていると思います。
それが日本の方が先に発展しちゃったものだから、中国としては面白くない。戦争でもずいぶんやられた。そして、今日の日中間につながっているのでしょう。

しかし、先に書いたように中国のニュースでもたくさんの日本のニュースを報じています。それの量はアメリカを報じる量と変わらない印象です。そして若者は日本のアニメ・漫画・ドラマ、そしてAVに親しみを持っている!ただ、その反面日本への悪感情をも併せ持っている、これが現在の中国人の感覚ではないでしょうか。

かつて80年代多くの日本のドラマが中国国内で放送されていたようです。山口百恵は中国でもアイドルでした。やはりコンテンツの力は大きい。今は韓流のドラマがはやっていますが、既に飽き始めています。同じような恋愛ドラマばっかりですから。これからは日本のお家芸のアニメ・ドラマなどをどんどん中国で発信していき、中国人が日本に親しみを持ってもらうようになればいいなと思っています。

google広告

関連記事

中国人と口喧嘩しても負けない方法

私は中国にいる間、もしくは日頃仕事で付き合っている中国人とよく口喧嘩をしました。 内容

記事を読む

2016年中国出張振り返り、2017年中国出張展望

すでに2017年が明けてしまいました。すっかりご無沙汰しています。あけましておめでとうございます。

記事を読む

中国のおすすめお土産

寒いですわ。ホンマに寒い。 関西のほうが西安より全然寒いです。 今日も中国に関することを書い

記事を読む

老色鬼という中国語

つい先日、職場の若い中国人女性が「老色鬼」という言葉を使っていました。 社内では知らない中国語が飛

記事を読む

中国におけるサッカー、ドイツ代表の人気の謎

以前にも書きましたが、ここ中国においてもまだまだワールドカップは盛り上がっています。 CCTV5と

記事を読む

中国で異常に人気な韓国人俳優キム・スヒョン

去年一年間中国に住んでいましたが、テレビ・広告などでやたら露出の多い韓国人をよく目にしました。 そ

記事を読む

中国で行くべき火鍋レストラン「海底?」ハイディーラオ

中国出張・観光ではどんなレストランに行っていますか? よくある光景として、愛想の無い定員、注文し

記事を読む

新HSK6級傾向と対策【ライティング編】

ようやくライティング編です。 HSK6級のライティングは結構めんどくさいです。頑張らないといけませ

記事を読む

リンチーリン(林志玲)の凄さ

こんにちは。 西安は寒いときは2℃まで落ち込んでいます。しかし未だに暖气(ぬあんちー)とよばれるス

記事を読む

中国一人っ子時代の終焉、ふたりっ子政策の勃興

タイムリーな話題というわけではないのですが、ずっと気になっていたことを書きます。 「一人っ子政策」

記事を読む

google広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

google広告

  • 大学卒業後、就職した会社を2年で退職し、中国ビジネスに転職。会社派遣の語学留学を経、復職。人生にずっと違和感有り。
    詳細プロフィール
no image
転職者が新しい職場に馴染む方法

転職してからようやく1年が経ちました。 苦労の連続でしたが、ようやく

高校の日直日誌の思い出

私は中高一貫校の男子校に通っていました。 スポーツ強豪校であったため

HSK6級結果発表(2019年1月13日試験)

先日ブログでもお伝えしましたが、転職後初めてHSK6級を受験いたし

オードリーのオールナイトニッポンのススメ

ここ4ヶ月ほど毎日、オードリーのオールナイトニッポンを聞いています。リ

HSK6級を受け直します

前回の更新からだいぶ時間が経ってしまいました。 前回の記事で書いたと

→もっと見る

PAGE TOP ↑