*

男の乾燥におすすめの保湿クリーム・アイテム

公開日: : おすすめグッズ ,

私は乾燥肌です。男のくせにクリームとかをたくさん使ってます。そうしないと冬は乾燥で裸痒くなってしまうんですね。

西安にいた頃もめちゃくちゃ肌が乾燥していました。
部屋の中に洗濯物を干したらすぐに乾いてしまうだけでなく、肌の乾燥もひどく痒いが辛かったです。西安だけでなく、中国の内陸部はどこも同じような感じだと思います。
だからみんな油が多い食事で肌の感想を抑えているんですね。

そんな私が毎日使っているアイテムが2つあります。乾燥に悩む皆様にちょっとでも助けになればと思い紹介します。

※ちなみに商品を紹介していますが、紹介依頼が来たわけではありません。私のような弱小ブログにそのような依頼は万が一にも来ないでしょう。でも来てほしい。。。

スチームクリーム

一つ目はスチームクリームです。
これはSC.Cosmeticsという会社が販売しているものです。
つま先から顔まで潤すという謳い文句で、その通りどこでも塗れます。匂いは柑橘系でさわやかな香りです。ベタベタせず、風呂あがりに塗るとその後痒みの発生を抑えることができます。これがあると寝ている時に痒さで起きることがないので、非常に助かってます。

なんで、私がこれを使っているかというと、「缶がかっこいい」からです。それだけです。私の缶はこんな感じです。

IMG_1113
ザ・日本って感じで気に入ってます。
このスチームクリームはめちゃくちゃ缶のデザインが凝っていて、ディズニーのキャラクターや独特のデザインがあり、持っていてファッショナブルです。これを持っているとちょっとセンスのいい男と思われるますよ。うん、私は今のところこれをわざとらしくかばんから出して使っています。男らしく見られているかは今のところ不明ですが、興味のない目で私を見ている女子の目線だけは理解しています。

ただ、限定のものが多いので通販だけでなく、実際のショップに行くことが必要かもしれません。

ワセリン

IMG_1114
これです。これって本当に偉大な商品です。
これは私が説明するよりwikipediaを引用するのが早いので引用します。

ワセリンは皮膚表面に油分の膜を張り、角質層の水分蒸発を防ぐことで皮膚の乾燥を防ぐ効果に加え、外的刺激から皮膚を保護するという働きがあることから、鎮痛・消炎・鎮痒の軟膏剤のような医薬品の基剤や、化粧クリームのような化粧品などの基剤として用いられる。また潤滑剤や皮膚の保湿保護剤としても用いられる。

これは唇までカバーするので、リップクロームが要らなくなります。
私がこれを使う理由は、指先の笹向けが大きく改善されることと、男がリップクリームを塗る際の世間の冷ややかな目への防衛です。男がリップクリーム塗るのってなんかキモいですよね・・・?私だけ?

とまぁ、長々と紹介してきましたが、この2つさえあれば、男の乾燥対策にはなります。ぜひ使ってみてください。

google広告

関連記事

ココナラという便利なWEBサービス

私のIT知識というものは大したこと無いのですが、最近色々な便利なWEBサービスがめちゃくちゃ増えてい

記事を読む

タフなビジネスマンが持つべき3wayビジネスバック

「俺は物事を決断するとき、どの道を選んだら一番後悔せずに、納得できるかを考える」 これ大スターで

記事を読む

無料VPNで中国のネット規制を乗り切ろう

中国のインターネットは非常に使いづらいです。それは「中国のネットは大きなイントラネット」とも言われる

記事を読む

出張・旅行者の強い味方!おしりを守る携帯型ウォッシュレット

※下の話です。食事中このブログを見ている方は食後にご覧になられることをお勧めします。 今日も私

記事を読む

中国東方航空シルバーカードをゲットしました。

ついに人生ではじめての航空会社の上級会員のステータスを手に入れることができました。 カード自体は電

記事を読む

google広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

google広告

  • 大学卒業後、就職した会社を2年で退職し、中国ビジネスに転職。会社派遣の語学留学を経、復職。人生にずっと違和感有り。
    詳細プロフィール
実は性格が悪いかも知れない。~性格が悪いとはどういうことか~

最近自分の性格が悪いのではないかと思うことがあります。つい最近も複数人

仕事中の暇つぶし-デスクワーク編-

仕事中に暇を持て余している人は多いのではないでしょうか。 カッコつ

老色鬼という中国語

つい先日、職場の若い中国人女性が「老色鬼」という言葉を使っていました。

2018年の目標

あけましておめでとうございます。 2018年を書いてみたいと思います

自分を変えるために筋トレします。-筋トレ本からやる気をもらう-

最近筋トレを週2-3の頻度でやっています。 家でやるのではなく、筋ト

→もっと見る

PAGE TOP ↑