*

老色鬼という中国語

公開日: : 中国のはなし, 中国語

つい先日、職場の若い中国人女性が「老色鬼」という言葉を使っていました。
社内では知らない中国語が飛び交うので、そのたびにネットで検索するのですが、
字の個性からあまりいい意味ではないであろうなと予想していました。

それぞれの文字を分解して考えみると、
「老」・・・老いている、いつもの
「色」・・・色彩、色欲
「鬼」・・・悪口によく使われる
という構成です。日本のことを「小日本鬼」などと蔑称する言葉もあるくらいなので、鬼は相当やばい感じです。

調べてみたのですが、検索結果は
「筵破り(むしろやぶり)」でした。
むしろ破りの意味は

60歳を過ぎた人が女狂いをすること

 

とんでもない言葉です。想像するだけで気色が悪いです。
それにそもそも「筵破り」なんて聞いたことがありません。
筵(むしろ)とはわらなどで編んだ敷物のことのようです。
その筵を破るということはどうやらとんでもない色狂いのようです。
ここの解釈をどなたか教えていただきたいです。

ちなみに今回「老色鬼」と呼ばれた男性社員はまだ20代でした。
その発言をした女性社員は「同じ年だから言えることだよ!」とフォローしていましたが、
明らかに悪口だと思いました。
確かにその日本人社員は女の子とよく遊びに行ったり、合コンに行ったりするのですが、
そこまで言われるほどでもないという感じです。

中国人女性は男性にもある程度の純粋さを求める傾向にあります。
その女性社員も女の子と遊びに行くのであれば、ある程度覚悟を持っていくべきという考え方を持っています。

ふとした会社での日常でしたが、日本と中国の男性に対する考え方の違いも垣間見えた瞬間でした。

以上落ちもなくすんません。

google広告

関連記事

中国で必ず街路樹が白く塗られている謎

中国の街の光景としてよく見ることができるのが、写真のような街路樹に石灰のようなものが塗られている光景

記事を読む

新HSK6級傾向と対策【リスニング編】

留学して10ヶ月目の12月HSK6級を受けました。 本日インターネットで結果を確認したところ、21

記事を読む

中国長期出張-現地での洗濯・スーツケースどうする?

中国に長期出張に来ています。5月から8月までです。 基本的に平日は毎日お客さんところに回って、商品

記事を読む

中国のワールドカップ

盛り上がってまいりました、ワールドカップ! 現時点で日本は苦戦を強いられていますが、ここ中国ではそ

記事を読む

中国で売れている化粧品とは

久々の更新となります。 仕事のほうが忙しくなってきたのも有りますが、色々読みたい本や勉強したいこと

記事を読む

2014年9月18日 中国・西安市で起こった事

9月18日といえば、何を思い出しますか? 日本人が中国において覚えておく数字はいくつもありますが、

記事を読む

シルクロードの世界遺産登録

少し前のニュースになりますが、意外と知られていないのでこちらでもお伝えしておきます。 6月22

記事を読む

中国一人っ子時代の終焉、ふたりっ子政策の勃興

タイムリーな話題というわけではないのですが、ずっと気になっていたことを書きます。 「一人っ子政策」

記事を読む

中国の大気汚染を追求したドキュメンタリー「穹頂之下(ドームの下)」

中国の大気汚染は深刻です。その深刻さを追求したドキュメンタリーがあります。 元CCTVキャスターの

記事を読む

中国で行くべき火鍋レストラン「海底?」ハイディーラオ

中国出張・観光ではどんなレストランに行っていますか? よくある光景として、愛想の無い定員、注文し

記事を読む

google広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

google広告

  • 大学卒業後、就職した会社を2年で退職し、中国ビジネスに転職。会社派遣の語学留学を経、復職。人生にずっと違和感有り。
    詳細プロフィール
no image
転職者が新しい職場に馴染む方法

転職してからようやく1年が経ちました。 苦労の連続でしたが、ようやく

高校の日直日誌の思い出

私は中高一貫校の男子校に通っていました。 スポーツ強豪校であったため

HSK6級結果発表(2019年1月13日試験)

先日ブログでもお伝えしましたが、転職後初めてHSK6級を受験いたし

オードリーのオールナイトニッポンのススメ

ここ4ヶ月ほど毎日、オードリーのオールナイトニッポンを聞いています。リ

HSK6級を受け直します

前回の更新からだいぶ時間が経ってしまいました。 前回の記事で書いたと

→もっと見る

PAGE TOP ↑