*

海外で働くという希望と現実

最近しみじみ思うんですが、日本で働くって大変じゃないですか?
劣悪な通勤・面倒な人間関係・無駄な残業・刺激の無い生活・サザエさん症候群・・・ストレスめちゃくちゃ多いですよね。
以前私もそんな悩みをもっていました。そして海外に飛び出しました。
今回の話は働く場所は日本だけではないんじゃないですか?ってお話と、でも良く考えてくださいねってお話です。

海外で働く道は大まかに分けて3つあります。

  1. 日本の企業に採用されて海外駐在する
  2. 現地採用として働く
  3. 自分で起業して海外で働く

順にどのような働き方かを考えて見ます。

日本の企業に採用されて海外駐在する

これは一番福利厚生が充実しており、生活が安定する方法です。
まず日本の会社に就職し、その事業部などから海外の事務所、現時法人に駐在します。
雇用形態としては日本の会社と結んでいるので、基本的には給料は日本円です。日本にいたときと同じように年金・社会保険・住民税が天引きされます。年金は会社と折半して払うものなので、非常にメリットは大きいです。かつ、海外駐在だと会社によって違いますが、多くはさまざまな手当てが支給されるので、給与は日本より増えるでしょう。住宅も与えてもらえることが多いです。デメリットとしては、海外に行きたい人が多いと競争になり、行きたくても行けないということです。

現地採用として働く

現地企業に現地の外国人として同じ給与体系で働きます。年金も自分で払わないといけないし、社会保険も現地のものです。多くの現地採用組みは「海外旅行保険」の長期版で賄っていることでしょう。プランはいろいろあるので選べます。
また現地企業といっても日本人が働くのであれば、日系企業でので日本人がいるでしょう。よって給与はそこで働いている日本からの駐在組みとは大きく異なります。ここはしっかり認識しておかなければなりません。同じような仕事をしていても給与は全く違うのです。これが意外ときつい。彼らが飲みにいこうと言っても、給与が違うので一緒にいきたくてもいけないし、ねたむ気持ちも出てしまいがちです。俺・私のほうが頑張っているのに!と。
ただメリットとしてアジア全域で、求人が多いので割と簡単に就職できるという点です。中には数年後日本の本社配属が出来るところもあるようです。現地の企業に営業をかける日本人が少ないケースがままあります。
また、海外の文化ベースで働くのでゆったりした雰囲気で働けます。
WorkingAbroadWORLDPOSTでは海外求人が乗っています。一度どんなものかを見てはいかがでしょうか。
中には外国語レベルの条件が低いものもあります。

自分で起業して海外で働く

最初からこれができたら悩まないですよね。
でも私のこれまで出会った人で、まず海外で働いてみて、そこから会社をやめ自分で会社を立ち上げたという方が少なからずいます。
そのためには人脈と多少の資金が必要ですが。

一番お勧めなのは、日本の企業に採用されて海外駐在するです。これが一番生活安定ができますし、なにより生活の心配せずに仕事に没頭できます。また、いずれにせよ、海外特にアジアではゆったりとして雰囲気があるので、どこでも日本よりはリラックスして仕事ができます。これは非常に大きいですね。

海外で働くって海外出張でもいいんではないか

私が最近思っているのは海外で働くのはなにも駐在することだけでなく、出張でもいいんじゃないかってことです。
出張が多い人は月の半分以上海外を飛び回っていたりします。日本にいる時間のほうが少ないってことですね。これもある意味海外で働いているということになるんじゃないでしょうか。
中国出張の場合を取り上げると、そのほとんどの時間は移動です。移動しに行っているといっても過言ではありません。移動中はメールを処理したり、本を読んだりで時間をつぶせます。しかも出張手当ももらえてホテルに泊まれます。土日は日本に帰り休み二本の生活を満喫する。また次の月曜日から出張。結構、いい身分だと思いませんか?

まとめ

海外で働くといっても駐在だけではないってことを知っていただきたかったです。
私の周りでもストレスから鬱になったり、入院したり、記憶障害になったかたもいます。また仕事が鯨飲で自殺する方もいらっしゃるでしょう。しかし残念ながら働かないで生きていくのは非常に難しい世の中です。ただその働くことで心も体もやられてしまうと元もこもありません。逃げるが勝ちです。日本の職場でストレスがあるのであれば、そこから離れてしまえばいいというのが私の考えです。海外にはこれまで考えたことの無いような環境もあります。別に海外に行って失敗してもいいじゃないですか。また、そのときは日本に戻って仕事をしても。
今は昔のように終身雇用で働くことが保証されていません。逆に言うと自分で好きな選択をしてもエクスキューズが与えられているともいえます。
中国人と働いてみて結構彼らは楽そうだな~と思って書きました。(そんなこと無いと思いますけど)

google広告

関連記事

会社を辞めない理由

久しぶりの更新となってしまいました。 仕事がなかなか忙しのと、8月から一人暮らしを始めたのでバタバ

記事を読む

中国人領導から言われたことから退職したいということまで最近の出来事

最近とある案件で中国人とメールでのやりとりをしていました。 お客さんの要望はメーカーをさっさと連れて

記事を読む

2016年中国出張振り返り、2017年中国出張展望

すでに2017年が明けてしまいました。すっかりご無沙汰しています。あけましておめでとうございます。

記事を読む

27歳の今、25歳の心の状態を振り返ってみる。

別に今日が誕生日であったわけではありませんが、備忘録として書かせていただきます。 25歳は私が

記事を読む

私の中国出張スケジュール

このブログを呼んでくださる極少数の皆さんはご存知と思いますが、私は中国出張に頻繁に行っています。

記事を読む

春節ムードがやってきました

私の会社は中国との取引が90%以上を占めています。その中国が春節(旧正月)ムードになってしまったため

記事を読む

仕事中時間をつぶす方法・ウェブサイト

みなさん仕事頑張ってますか? 私は現在仕事中にもかかわらず、サイトを見まくってます。事情があるので

記事を読む

会社を辞める理由

えぇい!会社を辞めてやる!と思ったのが、1.5ヶ月前でした。 きっかけはその時の直属の上司と喧嘩し

記事を読む

google広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

google広告

  • 大学卒業後、就職した会社を2年で退職し、中国ビジネスに転職。会社派遣の語学留学を経、復職。人生にずっと違和感有り。
    詳細プロフィール
自分を変えるために筋トレします。-筋トレ本からやる気をもらう-

最近筋トレを週2-3の頻度でやっています。 家でやるのではなく、筋ト

中国国内線に乗る時に気をつけたいこと

仕事柄中国国内線によく乗ります。 年間30-40フライトは固いんじゃ

no image
中国国際航空のビジネスクラスに乗りました。その2

中国国際航空のビジネスクラスに乗りました。 こちらの続きになります。

中国国際航空のビジネスクラスに乗りました。

実は2017年は実はANAの上級会員(スーパーフライヤーズカード、通商

思春期に図書館に行くやつは「耳をすませば」を意識している

中学、高校のころの私は読書が大好きだった。文豪の本や大衆作家の小説を読

→もっと見る

PAGE TOP ↑