*

革命の聖地・延安

公開日: : 観光・旅行 , , , ,

陝西省北部の延安市。
ここは共産党の革命の聖地として、中国人高校生の修学旅行の場所として、嫌々連れて行かれる場所として有名です。

なぜ、ここが革命の聖地として有名なのかというと、国民党との戦いに敗れた共産党軍が最終的に逃げてきたたどり着いたのが、ここ延安であり、ここで偉い人たち(毛沢東、周恩来など)が抗日戦線の指揮を取ったからです。

ここには?洞(ヤオトン)と呼ばれる洞窟があり、毛沢東たちはこのいかにも「基地」といった住居で生活していました。

西安からバスもしくは列車で3時間30分の距離です。

DSC01016延安駅

DSC01017延安の町並み

DSC01032ヤオトン

DSC01031ヤオトン内部
勝つまではこのような洞窟で生活せざるを得ないほど、追い詰められていたことが伺えます。

DSC01025若かりし日の毛沢東

DSC01029全員集合!
日本でもこのような歴史の偉人の白黒写真をよくみかけますが、なんかすごそうに思えますよね。
でも、この写真の時点ではまだまだ官軍ではなかったので、ただのあぶないおっさんたちですよ。

時間があったので、歴史博物館(無料)にも行きました。
これがまた、馬鹿でかいにもかかわらず特に見るべきものはなかったのですが、革命の聖地としてその存在感は大きかったです。
DSC01045

また、延安から2時間ほどいったところに、黄河の滝つぼがあります。
壷口瀑布といいます。

DSC01061DSC01064

すごい迫力でした。しかし、回りの中国人いわく夏の時期なので推量が少なくなってしまっているようでした。
それでも日本では見かけることがない迫力です。
時より水しぶきが飛んでくると、めちゃくちゃ濡れます。

今回のたびの総移動時間は見学時間の8倍ほどでした。ほとんど移動に時間を費やしてしまいました。
西安から一泊二日でいけるので、移動時間を気にしないほど暇で、共産党に興味があって、滝にも興味があるひとはぜひ行ってみてください。

google広告

関連記事

飛行機に乗っている間の暇つぶし

近頃飛行機に乗る機会が多くなって来ました。その理由は、飛行機の値段が鉄道料金とあまり大差なくなってき

記事を読む

バックパッカーの思い出~タイ・カンボジア編~

ちょっと前私は上海で大学の時の先輩と合流しお酒を飲んでいました。場所はめちゃおしゃれなイタリアンレス

記事を読む

【西安観光】夜の大雁塔

先日、大雁塔に行ってきました。 大雁塔とは、昔三蔵法師がインドから帰ってきて経典をサンクスクリット

記事を読む

【西安観光】明代城壁の魅力

西安の観光名所といえば何を思い浮かべますか? そもそも西安ってどこ?と思われるかもしれません。西安

記事を読む

出張時に欠かせないもの

この写真は昨年北京に出張に行った際に王府井で見つけたものです。犬の人形にマスクをかぶせています。

記事を読む

中国で行くべき火鍋レストラン「海底?」ハイディーラオ

中国出張・観光ではどんなレストランに行っていますか? よくある光景として、愛想の無い定員、注文し

記事を読む

google広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

google広告

  • 大学卒業後、就職した会社を2年で退職し、中国ビジネスに転職。会社派遣の語学留学を経、復職。人生にずっと違和感有り。
    詳細プロフィール
中堅商社を辞めます-中堅商社の悪かった点-

前回の記事では中堅商社の良かった点を振り返りました。 今回は悪かった

中堅商社を辞めます–中堅商社の良かった点-

私は中堅商社に勤めておりますが、7月中旬をもって退職いたします。 2

実は性格が悪いかも知れない。~性格が悪いとはどういうことか~

最近自分の性格が悪いのではないかと思うことがあります。つい最近も複数人

仕事中の暇つぶし-デスクワーク編-

仕事中に暇を持て余している人は多いのではないでしょうか。 カッコつ

老色鬼という中国語

つい先日、職場の若い中国人女性が「老色鬼」という言葉を使っていました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑