*

「桐島、部活やめるってよ」を見た感想。

公開日: : 雑談

最近毎日会社をやめることをもんもんと考えています。
もちろん、マイナス要因があり、その後に付け足したような「やりたいこと」を考えいます。どうどうめぐりですね。でも今回はその「やりたいこと」がちょっと明確になっているのが、やっかいです。ホンマにやめるかもしれません。

そんな金曜日の夜をどう過ごそうかと思っていたのですが、同僚に散々愚痴ををこぼした後、DVDを見て気分転換をしようと思い、前から気になっていた「桐島、部活やめるってよ」を借りてみました。

「桐島、部活やめるってよ」の感想

素直に見て良かったと思いました。
この映画は桐島というバレー部のキャプテンが部活をやめることとなり、それに関わる同級生たちに変化が起こり、それをドキュメントタッチで描いた映画です。原作は同タイトルの小説です。

この映画で一番特筆すべきは、桐島当人が一度も出てこないというところです。大体一週間くらいの時間軸をで話は構成されていますが、なんやかんや一回も出てきていません。
この映画での桐島とはあくまで、一つの象徴的存在です。この映画で面白いという部分は桐島が部活をやめたことではなく、それに伴うクラスメートたちの心情を表した繊細な演技を見ることだと思います。

みんな普通の高校生で、いかにも「いるいる」と思わせてくれるメンバーばかりです。俳優の神木隆之介率いる映画部のメンバーたちの演技は特に冴え渡っていて、これだけでも見る価値があると思いました。なかなかああいう独特のオタクっぽい普通の男子学生を集めるのは難しいと思います。

この映画で一番面白いと感じるのは既視感でしょう。みんなどこかでみたことある学生生活の光景を見ることができます。懐かしさや歯がゆさを楽しめるのであれば、この映画は面白いと思います。

ひとつ注意点というか、伝えておきたいことはこの映画が言いたいことってなに?っという無粋な疑問を持って入はいけないということです。こういう映画だと思って楽しまないと「意味わかんない」で終わる可能盛大です。

まとめ

松竜介、会社辞めるってよって感じです。

google広告

関連記事

思春期に図書館に行くやつは「耳をすませば」を意識している

中学、高校のころの私は読書が大好きだった。文豪の本や大衆作家の小説を読み漁っていた。 周りの中学生

記事を読む

アメトーーク!読書芸人の推薦の本「サラバ」「教団X」を読んだ。

数年前にアメトーーク!(ーが2本なのがめんどくさい)の読書芸人の回で又吉を筆頭に読書好き芸人が自分の

記事を読む

仕事中の暇つぶし

みなさんどんな仕事をしていますか? 私は中国出張が割りと多い会社なのですが、中国が休みの時など

記事を読む

飲食店への卑下の目

私の親族は飲食店を経営しています。小さい頃は自給50円でよくお手伝いをしていました。 お客さんとも

記事を読む

おすすめのおかき「技のこだ割り」

もう28歳になりました。 28歳になって、過去と変わっったことを考えてみました。ゆっくりじっくり考

記事を読む

初恋された話

私が小学生のころ、初恋をされた話をしてみたいと思う。 初恋をされたとは自分が惚れられた、それが相手

記事を読む

一人暮らしをする理由

私は最近一人暮らしをはじめました。 今回が初めての一人暮らしというわけではなく、大学卒業して働いて

記事を読む

髪を切ることへの虚しさ

中国は春節真っ最中ですね。 春節中だけでも40万人以上が日本に来るみたいです。そのほとんどは買い物

記事を読む

お問い合わせフォーム直しました。

お問い合わせフォームが壊れていましたので直しました。 これがこのGWでの私の唯一の成果といってもい

記事を読む

年末になれば思い出す。格闘技と安田と私。

もう今年も1ヶ月と少し。紅白歌合戦の話題もちらほら出てきました。年末が近づいてきた感じがしますね。

記事を読む

google広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

google広告

  • 大学卒業後、就職した会社を2年で退職し、中国ビジネスに転職。会社派遣の語学留学を経、復職。人生にずっと違和感有り。
    詳細プロフィール
自分を変えるために筋トレします。-筋トレ本からやる気をもらう-

最近筋トレを週2-3の頻度でやっています。 家でやるのではなく、筋ト

中国国内線に乗る時に気をつけたいこと

仕事柄中国国内線によく乗ります。 年間30-40フライトは固いんじゃ

no image
中国国際航空のビジネスクラスに乗りました。その2

中国国際航空のビジネスクラスに乗りました。 こちらの続きになります。

中国国際航空のビジネスクラスに乗りました。

実は2017年は実はANAの上級会員(スーパーフライヤーズカード、通商

思春期に図書館に行くやつは「耳をすませば」を意識している

中学、高校のころの私は読書が大好きだった。文豪の本や大衆作家の小説を読

→もっと見る

PAGE TOP ↑