*

一人暮らしをする理由

公開日: : 雑談

私は最近一人暮らしをはじめました。
今回が初めての一人暮らしというわけではなく、大学卒業して働いていた会社のときは一人暮らしでした。
それから海外に行ったりしてたので、実家に戻ってたのですが、色々考えるところがあり一人暮らしを選択しました。
一人暮らしをする理由がいくつかあったので、列挙してみたいと思います。
これから一人暮らしをする方の参考になれば幸いです。

満員電車に乗りたくないから

私は大阪のど真ん中で働いていますが、朝通勤する際は必ず満員電車に乗らなければなりません。
それが結構つらいんですね。朝の早起きはもちろんですが、電車の狭い空間の中に押し込められて立ち続けるのが、非常につらい。
会社に出社したらもう疲れてます。
それを月曜日から金曜日まで続けているとさすがに金曜日はくたくたですよね。
それに朝も夜の電車が混みああっていることでいらいらします。席の取り合いなんかも頻繁に見て取れます。
そういうのは単純に心に余裕が無いから起こるのであって、かっこ悪いですよね。
こうならないために一人暮らしを決めました。
今では自転車で通えるような距離に住んでいます。片道15分未満ですね。
本当はいけないんですが、交通費ももらっているので交通費分は浮きます。
雨の日だけ電車に乗るという通勤ライフにしてからは、無駄なストレスが無くなり気持ち良い出勤が出来ています。
出来ればクロスバイクなんかで通勤したいですが、しばらくはママチャリで大阪市内のチャリぱくられ具合を観察してみます。

終電を気にしなくないから

私はなにかと飲む機会が多いです。
別に遅くまで飲みたくは無いのですが、同僚や先輩に連れられ気づけば12時を過ぎている、、、ということも多かったです。
終電を逃してそこからタクシーで帰るの出費を痛いし、漫画喫茶なんかでは寝たくない、というより同じような人が多くなかなか入れない。
もし都会の飲み場所に近くに住んでれば歩いても帰れますし、タクシーでも出費は痛くありません。
私の生活の場合は飲み会がそこそこあるので終電を気にする生活から脱却する必要がありました。

大阪をもっと知りたかったから

以前住んでいたのは兵庫県でしたが、大阪のことをもっと知りたいと常々思っていました。
ただ、休みの日にわざわざ大阪に行くのは結構面倒ですし、結局行動範囲は家の周りだけになりがちです。
よく雑誌とかでも紹介されているような店に行くにはやはり大阪に住んでいたほうが足を運び安い。
そして住んでみて分かる大阪の良さもあると思い、一人暮らしにしました。
今は大阪城の近くでランニングするにも大阪城の堀の周りを走ったりして、大阪ライフを味わえています。

費用的にもそんなに大きな痛手ではないと思ったから

一人暮らしは実家よりもお金がかかります。これは確かでしょう。
ただ、私個人の場合では出張に行けば出張手当がもらえて、かつ先述した交通費も好きに使える。(毎月1万円程度ですが・・・)
家賃補助も少しでる、という具合で一人暮らしすることで生活が破綻することはありませんでした。

親に優しくできるから

実家には親がいます。
実家に住んでいた頃は親がそこにいて当たり前で、何かと嫌なところも目に付きます。
それが仕事終わりであればさらにいらいらはまし、親子関係はあまりいいものにならないと思いました。
実際、親父とはつまらないことで口論をすることもありました。これは良い年齢の男が実家にいることの弊害でもあると思います。
良い年齢になった男はやはり自分の考えもありますし、親と意が異なる場面も増えてくるでしょう。
それを回避してたまに顔を合わせるくらいのほうがお互いの関係にとってもいいと思いました。
よって少し出費が増えたとしても実家を出て良い親子関係を築くほうが建設的だと考えました。

自由を謳歌できる

基本的に一人暮らしは自分以外に家にいません。
よって、家でだらけていても惰眠をむさぼっていても誰からも何も言われません。
何を食べてもいいし、彼女を連れ込んでも問題ない。そんな当たり前の自由を手にすることが出来ます。
よく一人暮らしになると太るとかだらしなくなるとかいいますが、少なくとも私の周りにいる男性はみなしっかりやっています。
一人のほうが自分の行動すべてが自分の財布に直結するので、みんな節制しています。自分でお弁当を作るやつまでいます。
精神的に自律さえしていれば、この自由は捨てがたいものになるはずです。

以上が一人暮らしをする理由です。
大学生の頃は寮に住んでいたので、わいわい楽しくしていました。
それはそれでいいのですが、この年でシェアハウスもなんかめんどくさいし、実家を離れるとなったら一人暮らししか選択肢はありませんでした。
家事も嫌いではないのですが、飲んだ後に洗濯物が溜まっているとちょっとげんなりしますが、それ以外はすこぶる順調です。
結婚するまで独身貴族生活を謳歌します!

google広告

関連記事

飲食店への卑下の目

私の親族は飲食店を経営しています。小さい頃は自給50円でよくお手伝いをしていました。 お客さんとも

記事を読む

思春期に図書館に行くやつは「耳をすませば」を意識している

中学、高校のころの私は読書が大好きだった。文豪の本や大衆作家の小説を読み漁っていた。 周りの中学生

記事を読む

初恋された話

私が小学生のころ、初恋をされた話をしてみたいと思う。 初恋をされたとは自分が惚れられた、それが相手

記事を読む

髪を切ることへの虚しさ

中国は春節真っ最中ですね。 春節中だけでも40万人以上が日本に来るみたいです。そのほとんどは買い物

記事を読む

おすすめのおかき「技のこだ割り」

もう28歳になりました。 28歳になって、過去と変わっったことを考えてみました。ゆっくりじっくり考

記事を読む

お問い合わせフォーム直しました。

お問い合わせフォームが壊れていましたので直しました。 これがこのGWでの私の唯一の成果といってもい

記事を読む

実は性格が悪いかも知れない。~性格が悪いとはどういうことか~

最近自分の性格が悪いのではないかと思うことがあります。つい最近も複数人から私の行動を咎められることが

記事を読む

年末になれば思い出す。格闘技と安田と私。

もう今年も1ヶ月と少し。紅白歌合戦の話題もちらほら出てきました。年末が近づいてきた感じがしますね。

記事を読む

アメトーーク!読書芸人の推薦の本「サラバ」「教団X」を読んだ。

数年前にアメトーーク!(ーが2本なのがめんどくさい)の読書芸人の回で又吉を筆頭に読書好き芸人が自分の

記事を読む

「桐島、部活やめるってよ」を見た感想。

最近毎日会社をやめることをもんもんと考えています。 もちろん、マイナス要因があり、その後に付け足し

記事を読む

google広告

Comment

  1. HALU より:

    自分も西安交通大学に留学してました。懐かしいと思って見ました。懐かしくてでもちょっと寂しいような気分になりました!ありがとうございます。

    • 麻雀太郎 より:

      コメントありがとうございます。
      私のまだ留学中の同級生は、WECHATのタイムラインに学校の様子や西安の様子をよくアップしています。
      それを見ると私のいたころとあまり変わらない生活を送っているようにみえ、私はぞっとしました。
      私はもう戻りたくはないですねw

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

google広告

  • 大学卒業後、就職した会社を2年で退職し、中国ビジネスに転職。会社派遣の語学留学を経、復職。人生にずっと違和感有り。
    詳細プロフィール
中堅商社を辞めます-中堅商社の悪かった点-

前回の記事では中堅商社の良かった点を振り返りました。 今回は悪かった

中堅商社を辞めます–中堅商社の良かった点-

私は中堅商社に勤めておりますが、7月中旬をもって退職いたします。 2

実は性格が悪いかも知れない。~性格が悪いとはどういうことか~

最近自分の性格が悪いのではないかと思うことがあります。つい最近も複数人

仕事中の暇つぶし-デスクワーク編-

仕事中に暇を持て余している人は多いのではないでしょうか。 カッコつ

老色鬼という中国語

つい先日、職場の若い中国人女性が「老色鬼」という言葉を使っていました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑