*

中国で異常に人気な韓国人俳優キム・スヒョン

公開日: : 中国のはなし ,

去年一年間中国に住んでいましたが、テレビ・広告などでやたら露出の多い韓国人をよく目にしました。
それがキムスヒョンです。

Kim_Soo-hyun_as_Lee-hwon_(Moon_Embracing_the_Sun)_04
このひと。

私は韓国に全く興味ないんですが、同じ留学生の友だちが「キムスヒョンめっちゃかっこいい!」と毎日言っていたので、頭に刷り込まれてしまいました。
確かにTVをつけると毎日チョコレートや車などのCMで頻繁にご尊顔を拝見さしていただいていました。それだけではなく韓国系の飲食店チェーン、韓国系のファストファッション店の街頭広告にも必ず起用されています。その数はちょっと異常なくらいです。

現在中国では多くの韓国ドラマが放映されており、韓流がきっちり根を張っています。その影響力は日本のアニメコンテンツほどあるのではないでしょうか。(感覚ですが)女性の中には韓国語を習い始める人も多く私の友人の中国人女性も韓国語を習い始めています。
以前までならば、日本のTVアニメが放送されていたものの、日中関係が悪くなるに連れ、その枠に韓国のドラマが流入し今の韓国人気を形成しています。
なぜ彼がこれほど人気かというと、身長が高い、顔がキレイ目、声変わりといいといった感じでしょうか。

ただ、そろそろいつもの韓国ドラマパターンに飽きている中国人は日本の「昼顔」や「半沢直樹」といったただの恋愛ドラマにとらわれないものに目を移しつつあります。ただこれらは全てネットで閲覧しているようです。

私は言いたいのは、キムスヒョンに負けない日本人像を作らなければならないということです。
以前は故・高倉健さんがいましたが、現在の若者ではそれに取って代わるようなアジアのスターはいないです。街頭で韓国人ばかり目にするのは少し寂しい気がします。

google広告

関連記事

中国LINE規制回避方法

ついにですよ、ついに。。 先日7月1日頃より中国国内でLINEが規制がされました。たまーに

記事を読む

中国の紅白歌合戦「春節聯歓晩会」

中国の春節が終わり、仕事が再開されています。 私の知る工場などでは例年のごとく労働者が戻ってこない

記事を読む

中国のワールドカップ

盛り上がってまいりました、ワールドカップ! 現時点で日本は苦戦を強いられていますが、ここ中国ではそ

記事を読む

遅延当たり前、中国のうんざり国内線

【訂正しました。】2015年9月8日 2週間中国出張に行ってきました。 この2週間ってのがポ

記事を読む

中国の夏に飲む飲料水~王老吉には気をつけろ~

こんにちは。 西安はいよいよ夏らしくなってきました。 気温は毎日30度を超え、昼に外出を控える人

記事を読む

中国長期出張で困っていたことがひとつ解決できました。

2016年12月3日一部訂正。 私は現在中国長期出張期間中です。 あちこちを転々としているのです

記事を読む

中国で行くべき火鍋レストラン「海底?」ハイディーラオ

中国出張・観光ではどんなレストランに行っていますか? よくある光景として、愛想の無い定員、注文し

記事を読む

2016年中国出張振り返り、2017年中国出張展望

すでに2017年が明けてしまいました。すっかりご無沙汰しています。あけましておめでとうございます。

記事を読む

中国のAKB、SNH48を聞いてみた

日本で抜群の知名度を誇るAKB48ですが、ここ中国においても姉妹グループが結成されています。 少し

記事を読む

新HSK6級傾向と対策【リスニング編】

留学して10ヶ月目の12月HSK6級を受けました。 本日インターネットで結果を確認したところ、21

記事を読む

google広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

google広告

  • 大学卒業後、就職した会社を2年で退職し、中国ビジネスに転職。会社派遣の語学留学を経、復職。人生にずっと違和感有り。
    詳細プロフィール
自分を変えるために筋トレします。-筋トレ本からやる気をもらう-

最近筋トレを週2-3の頻度でやっています。 家でやるのではなく、筋ト

中国国内線に乗る時に気をつけたいこと

仕事柄中国国内線によく乗ります。 年間30-40フライトは固いんじゃ

no image
中国国際航空のビジネスクラスに乗りました。その2

中国国際航空のビジネスクラスに乗りました。 こちらの続きになります。

中国国際航空のビジネスクラスに乗りました。

実は2017年は実はANAの上級会員(スーパーフライヤーズカード、通商

思春期に図書館に行くやつは「耳をすませば」を意識している

中学、高校のころの私は読書が大好きだった。文豪の本や大衆作家の小説を読

→もっと見る

PAGE TOP ↑