*

中国で行くべき火鍋レストラン「海底?」ハイディーラオ

公開日: : 最終更新日:2015/02/15 中国のはなし, 観光・旅行 , ,

中国出張・観光ではどんなレストランに行っていますか?
よくある光景として、愛想の無い定員、注文した後の舌打ち、なかなかでてこない料理、注文ミスなどなど悪いところは枚挙に暇がありません。
内陸の都市ですとこのようなレストラン・食堂の割合が多いです。笑顔なんてありません。沿岸部の発展しているところでもまま見かけられます。でも、沿岸部は相対的に定員のサービスはいいですね。
私が中国に来てもっとも感動したレストランがあります。それは「海底?」です。
ここは火鍋屋です。火鍋は中国で唯一どこにいっても食べられる料理ですが、それゆえ競争が激しく新しく回転したと思ったら潰れ、また新しいのが来るという繰り返しが良く見受けられます。
しかし、この「海底?」は違います。中国でもトップクラスのサービスの良さで、中国全土で旋風を起こしています。

海底?とは

1994年四川省で創業しました。「無公害、一回限り」という日本では至極当たり前、中国だとなかなか難しいスローガンを元に次々と出店していきます。2008年から2012年では大衆点評ネット(日本で言うぐるナビ、食べログ)にて「もっとも歓迎された火鍋店」として賞されました。

何がすごいのか。

ではなにがすごいのか。
最もすばらしいのは定員のカスタマーサービス

私は留学生の友人たちとここに始めてきました。
店につくと大変混雑していて待合テーブルで待たされました。そのときに「酸梅?」という依然このブログの記事で紹介した飲み物を出されるとともにおつまみも出してもらえました。
そして驚くことに折り紙までも!この折り紙は何に使うのかと聞くと、折った数だけ割引きをするというものでした。あまり簡単なのはだめだといわれましたが、結局折りかけの鶴もカウントしてもらい合計4元の割引もしてもらいました。(ひとつに付0.5元)このように客を待たせる間も飽きないようにさせるのがうまい。
また女性ならネイルも無料でサービスしてくれます!卓球台もあるので男性も楽しめる!

定員の多くは微笑を浮かべながら接客しています。声もはきはきしていて、ここは中国なのかと見間違えるほどです。日本のうるさい居酒屋のようにコップを落とすとその辺の定員が全員「申し訳ございあせんでしたぁ!!」と絶叫するようなこともなく、いい感じの元気よさです。

席に着くと、無料のおつまみを運んできてくれます。そして、そのときめがねをかけていたものに定員がスッと何かを渡してくれました。確認してみると、それはめがね拭き!日本で売っている使い捨てのタイプでした。
そして料理はタブレットでの注文です。もちろん、定員に直接お願いすることもできます。
注文してから3分もしないうちに次々と注文したものが運ばれるじゃないですか。これは本当にすばらしい。
お手拭も30分に一回くらいは変えに来てくれます。中国で温かいお手拭なんかはなかなかもらえないんですが、ここでは言えばいつでもくれます。このサービスは他の高級レストランでもなかなかありません。

歌も歌ってくれる!

つぎにわれわれが外国人だとわかると、定員が10名ほど集まり歌を歌ってくれました。しかも2014年大流行した「小苹果」。結構上手でした。相当練習してるはず。でもみんなみるんでちょっと恥ずかしい。。。
その後、当たり前のようにサービスの果物4種盛りを持ってきてくれました。

まさに至りつくせりの内容でした。非常に充実した時間を過ごせます。中国では「ちゃんとせえや!」って感じの店が多いのですが、ここは全く文句のつけようがありませんでした。

値段もわれわれはビール3本、大量の肉、野菜を注文しましたが合計380元(7,220円)ほど。一人大体1,800円ほど、安い。

まとめ

中国に来て火鍋を食べないというのは、日本で天ぷら、寿司を食べないと同じことです。でもどこに行けばいいかわからないですよね
ここは私が自信を持ってお勧めできるレストランです。北京上海広州など全国に店を構えています。ぜひ行ってみてください。日本以上のサービスが期待できます。

google広告

関連記事

2014年9月18日 中国・西安市で起こった事

9月18日といえば、何を思い出しますか? 日本人が中国において覚えておく数字はいくつもありますが、

記事を読む

新HSK6級傾向と対策【リーディング編】

前回に引き続き、今回はHSK6級のリーディング(??)について書いていきたいと思います。 リー

記事を読む

中国って実はツンデレじゃないのか?

久しぶりの更新となってしまいました。 さて、最近良く思うのが中国って実はツンデレじゃないのかっ

記事を読む

新HKS5級対策

留学してちょうど半年目となる9月にHSK5級を受験しました。 結果は、300点中264点でした。新

記事を読む

老色鬼という中国語

つい先日、職場の若い中国人女性が「老色鬼」という言葉を使っていました。 社内では知らない中国語が飛

記事を読む

新HSK6級傾向と対策【ライティング編】

ようやくライティング編です。 HSK6級のライティングは結構めんどくさいです。頑張らないといけませ

記事を読む

no image

上海で体調が悪くなった。上海の病院紹介

上海で体調が悪くなった。 上海のせいでという意味と上海という場所で両方の意味があります。 先

記事を読む

中国人の気質

最近、タレントの武井壮さんが「日本人はよく『中国人は~』みたいに一括りにして侮辱する。それは黒人差別

記事を読む

革命の聖地・延安

陝西省北部の延安市。 ここは共産党の革命の聖地として、中国人高校生の修学旅行の場所として、嫌々連れ

記事を読む

出張時に欠かせないもの

この写真は昨年北京に出張に行った際に王府井で見つけたものです。犬の人形にマスクをかぶせています。

記事を読む

google広告

Comment

  1. なおこ より:

    初めまして!
    留学ではなく、4月に西安に遊びに行くのでネットをうろうろしてましたら
    こちらのブログにたどり着きました。
    私は仕事で瀋陽に行くことがあるんですが、中国にこんなサービスを提供してくれるお店があることにびっくりしました(笑)
    兵馬俑を一番楽しみにしてたんですけど、今ではこのお店が一番待ち遠しいです( *´艸`)
    私は中国が好きなので、また中国の情報を更新してくださったら嬉しいです!

    • 松 竜介 より:

      なおこ様
      コメントありがとうございます!
      こちらのブログにたどり着くのにさぞご苦労されたことと思います(笑)
      おそらくハイディーラオは瀋陽には無いのだと思います。中国には珍しいお店なので一度足を運ばれると楽しいかもしれません。
      兵馬俑もお勧めですが、やはり私は城壁が一番好きです。何度も登りましたw
      ご期待に添えるよう中国のことどんどん発信していきます!

なおこ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

google広告

  • 大学卒業後、就職した会社を2年で退職し、中国ビジネスに転職。会社派遣の語学留学を経、復職。人生にずっと違和感有り。
    詳細プロフィール
no image
転職者が新しい職場に馴染む方法

転職してからようやく1年が経ちました。 苦労の連続でしたが、ようやく

高校の日直日誌の思い出

私は中高一貫校の男子校に通っていました。 スポーツ強豪校であったため

HSK6級結果発表(2019年1月13日試験)

先日ブログでもお伝えしましたが、転職後初めてHSK6級を受験いたし

オードリーのオールナイトニッポンのススメ

ここ4ヶ月ほど毎日、オードリーのオールナイトニッポンを聞いています。リ

HSK6級を受け直します

前回の更新からだいぶ時間が経ってしまいました。 前回の記事で書いたと

→もっと見る

PAGE TOP ↑