*

中国の爆発に想う

公開日: : 中国のはなし ,

よくある中国ニュースとして「~が爆発しました」ってのがあります。
それはもう頻繁に爆発しています。

ネバーでもまとめられています。
NAVERまとめ中国爆発

ネットではチャイナボカンとして親しまれています。
アンサイクロペディア-チャイナボカン-

私も中国との貿易の会社にいますが、この前うちの会社が携わっている案件で爆発しました。社内は騒然としました。非常に大きな会社の工場なので、うちの出したものに問題があったら大問題です。で、中国でも当然ニュースになると思ったらならないんですよね。全く。そういえば去年も知り合い仕事現場の工場で爆発して死者も出しているんですけど、ニュースにならないんですよね。

爆発って中国にとっては日常の一部ということでしょうね。子供がけんかする、信号が変わる、なにかが爆発する。といったことでしょう。
そんなことでいちいち事を荒立てない、13億人からちょっと人が死んでも13億には変わらない、そんな器量のでかさが伺えます。あっぱれです。
そういえば、火薬が発明されたのって中国でしたね。さすが自国発明と言うだけあって、一般庶民にも爆発のなじみがあるのでしょう。

大陸では物質ですが、日本も負けてはいません。日本で爆発と言えば芸術です。こっちは概念ですからね、なかなか他国は爆発させられませんよ。
ですので、私がいいたいのは日本の科学技術はすごいってことです。これが技術大国や。

ちなみにアンサイクロぺディアの小川が爆発ってなんですか、誰か教えてください。

google広告

関連記事

2014年9月18日 中国・西安市で起こった事

9月18日といえば、何を思い出しますか? 日本人が中国において覚えておく数字はいくつもありますが、

記事を読む

中国一人っ子時代の終焉、ふたりっ子政策の勃興

タイムリーな話題というわけではないのですが、ずっと気になっていたことを書きます。 「一人っ子政策」

記事を読む

中国のAKB、SNH48を聞いてみた

日本で抜群の知名度を誇るAKB48ですが、ここ中国においても姉妹グループが結成されています。 少し

記事を読む

溜まった角(毛)の処理方法

どうも、久しぶりの日本の生活ですが、西安より関西のほうが寒いですね。 これなんですかね。内陸のほう

記事を読む

中国版ポケモンGOパクリアプリ”山海経GO”について

中国出張続きで時間がなく、書きたい記事がかけていません。 今日はとりあえず中国出張時に確認した情報

記事を読む

中国人のオムツ買占めの実態について

ここ数年日本のドラッグストアにおいてオムツが中国人に買い占められています。 特に花王のメリーズ

記事を読む

中国のおすすめお土産

寒いですわ。ホンマに寒い。 関西のほうが西安より全然寒いです。 今日も中国に関することを書い

記事を読む

新HSK6級傾向と対策【リーディング編】

前回に引き続き、今回はHSK6級のリーディング(??)について書いていきたいと思います。 リー

記事を読む

老色鬼という中国語

つい先日、職場の若い中国人女性が「老色鬼」という言葉を使っていました。 社内では知らない中国語が飛

記事を読む

2016年中国出張振り返り、2017年中国出張展望

すでに2017年が明けてしまいました。すっかりご無沙汰しています。あけましておめでとうございます。

記事を読む

google広告

Comment

  1. 花園祐 より:

     ニュースにならないだけで、日本でも熔工所とかで月一くらいで死亡事故あるって聞くよ。中国で爆発が起きても中国人が反応しないんじゃなくて、日本国内の事故には反応しない日本人が騒いでるというのが案外実情かもしれない。

  2. 松 竜介 より:

    花園様
    コメントありがとうございます。
    なるほど、日本でももしかしたらそういった事故があるかもしれないんですね。まぁ報道されない限りはわからないんですが。。。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

google広告

  • 大学卒業後、就職した会社を2年で退職し、中国ビジネスに転職。会社派遣の語学留学を経、復職。人生にずっと違和感有り。
    詳細プロフィール
高校の日直日誌の思い出

私は中高一貫校の男子校に通っていました。 スポーツ強豪校であったため

HSK6級結果発表(2019年1月13日試験)

先日ブログでもお伝えしましたが、転職後初めてHSK6級を受験いたし

オードリーのオールナイトニッポンのススメ

ここ4ヶ月ほど毎日、オードリーのオールナイトニッポンを聞いています。リ

HSK6級を受け直します

前回の更新からだいぶ時間が経ってしまいました。 前回の記事で書いたと

中堅商社を辞めます-中堅商社の悪かった点-

前回の記事では中堅商社の良かった点を振り返りました。 今回は悪かった

→もっと見る

PAGE TOP ↑